住宅資金貸付条項 手続き

弁護士法人RESTA
300_250 家族に内緒の借金も、秘密にしたまま整理可能!

いつでもご相談無料

24時間365日受付

全国対応

初回費用0円


粘り強いく、強い交渉が得意です。できるかぎりの誠意をつくして、有利な条件で和解交渉を締結するよにサポートしてくれます。家計の状況に合わせて弁護士費用の支払いも考慮してくれるので、一度、相談してみましょう。料金武井もリスタの公式サイトで明記しているので、信頼できます。初回の相談は無料ですので、まずは迷わずに電話して!


住所:東京都新宿区新宿1-9-2 ナリコマHD新宿ビル(旧名:日南貿易ビル)6階


ナリコマHD新宿ビル6階です 東京メトロ丸の内線 新宿御苑前駅(2番出口)より、徒歩1分        ↓クリックすると、地図が拡大します↓

住宅資金貸付条項の手続きはどうなっているのでしょうか。

 

小規模個人再生では、
債権者の同意が必要でしたが、
住宅ローンの債権者には同意が必要ないことになっています。

 

つまり住宅資金貸付条項を使ったからといって
手続きが大きくかわることはありません。

 

しかし、住宅路ローンの債権者に同意してもらう必要はありませんが、
意見聴取することになっています。
この意見聴取の結果を裁判所が参考にして返済判断とします。

 

 

どうしても破産を防ぎたい方や
今までの生活基盤をキープしながらも
借金を自分で返せる範囲で返していくことができます。

 

借金の一部は返すので住宅ローンやマイホームも

維持できる可能性があります。

 

破産と大きく異なる点は
借金が0円になるわけではないところです。

 

個人民事再生とは借金の一部分だけを返済をしながらも
財産を維持できる手続きです。

 

自分が給与所得者か自営業者かによって
手続きは変わりますが、弁護士に依頼するのが安心です。

 

破産してしまうとマイホームを失うだけでなく、
一部の職業へも影響がでてきます。

 

しかし、個人民事再生は定期的な収入がある方が
財産をもちながらも一部だけ返済しながら再生する手段です。

 

財産を維持することができますが、
安定収入があることが条件となります。

ホーム RSS購読 サイトマップ