破産 個人民事再生 違い

弁護士法人RESTA
300_250 家族に内緒の借金も、秘密にしたまま整理可能!

いつでもご相談無料

24時間365日受付

全国対応

初回費用0円


粘り強いく、強い交渉が得意です。できるかぎりの誠意をつくして、有利な条件で和解交渉を締結するよにサポートしてくれます。家計の状況に合わせて弁護士費用の支払いも考慮してくれるので、一度、相談してみましょう。料金武井もリスタの公式サイトで明記しているので、信頼できます。初回の相談は無料ですので、まずは迷わずに電話して!


住所:東京都新宿区新宿1-9-2 ナリコマHD新宿ビル(旧名:日南貿易ビル)6階


ナリコマHD新宿ビル6階です 東京メトロ丸の内線 新宿御苑前駅(2番出口)より、徒歩1分        ↓クリックすると、地図が拡大します↓
個人民事再生と自己破産は、どう違うのでしょうか?

 

財産が維持できるのが個人民事再生です。

 

自己破産は家などの高額な財産はお金を貸している債権者に分配されます。
その代わり、借金の全額が免除されます。

 

破産=清算
個人民事再生=再建

 

また、自己破産は一部の職業に就けなくなりますが、
個人民事再生は職業制限はありません。

 

個人民事再生には2種類あります。

 

小規模個人再生と給与所得者等再生の2種類があります。

 

小規模個人再生の利用条件をみてみましょう。

 

安定した定期収入があることが条件で、
借金の総額が5000万円以下であることです。(住宅ローンは除く)

 

減額の基準が小規模個人再生と給与所得者等再生では違います。

 

詳しくは弁護士に相談していただくこととします。

 

住宅ローンの残高の減額は原則として
個人民事再生ではありませんので注意が必要です。

 

しかし、支払い予定は延長や調整することもできます。
その場合も金利の負担は増えることになります。

 

給与所得者等再生の利用条件はより厳しくなりますが、
手間もかからないで手続きは簡単です。

 

給与所得者等再生はサラリーマンを対象にしたものですが、
年金生活者でも利用できます。

 

収入の変動が年に5分の1程度の範囲であり、
借金の総額が5000万円以下であることが条件です。(住宅ローンは除く)

 

小規模個人再生 給与所得者等再生
最低弁済基準 最低弁済基準
給与所得者等再生 給与所得者等再生
可処分所得基準

 

※可処分所得基準とは最低限の生活費を除いた手取り収入の金額の2年分を返済することです。

 

詳しくは弁護士に相談してみましょう。
清算チェックシートで計算してくれる弁護士もいることでしょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ