民事再生法 保全処分

弁護士法人RESTA
300_250 家族に内緒の借金も、秘密にしたまま整理可能!

いつでもご相談無料

24時間365日受付

全国対応

初回費用0円


粘り強いく、強い交渉が得意です。できるかぎりの誠意をつくして、有利な条件で和解交渉を締結するよにサポートしてくれます。家計の状況に合わせて弁護士費用の支払いも考慮してくれるので、一度、相談してみましょう。料金武井もリスタの公式サイトで明記しているので、信頼できます。初回の相談は無料ですので、まずは迷わずに電話して!


住所:東京都新宿区新宿1-9-2 ナリコマHD新宿ビル(旧名:日南貿易ビル)6階


ナリコマHD新宿ビル6階です 東京メトロ丸の内線 新宿御苑前駅(2番出口)より、徒歩1分        ↓クリックすると、地図が拡大します↓
保全処分とは、再生責務者の財産や業務に関係する行為のうち、一定の行為について、裁判所の許可を要する扱いのことをいいます。

 

民事再生手続きの申立てをしてから、
再生手続きが開始されるまでには時間がかかります。

 

その間に金貸業者から厳しい取立てなどにより
会社の財産が守られなくなり再生がしにくくなります。

 

取り立てから身を守る手段として、民事再生で審判前の保全処分があります。

 

特に、会社の財産は特に監視の目が光ります。

 

民事再生手続きが行われると、
はじめに裁判官との面接があります。
提出書類から「審尋」という事情聴取がおこなわれます。
弁護士と会社の代表取締役も同席するのが一般的です。

 

これにより保全処分や監督委員が選任されます。

 

監督委員とは民事再生を申し立てた会社の業務の遂行が適正にするための人です。
通常、監督委員は裁判所が弁護士を選びます。

ホーム RSS購読 サイトマップ