時効援用 チャラ

弁護士法人RESTA
300_250 家族に内緒の借金も、秘密にしたまま整理可能!

いつでもご相談無料

24時間365日受付

全国対応

初回費用0円


粘り強いく、強い交渉が得意です。できるかぎりの誠意をつくして、有利な条件で和解交渉を締結するよにサポートしてくれます。家計の状況に合わせて弁護士費用の支払いも考慮してくれるので、一度、相談してみましょう。料金武井もリスタの公式サイトで明記しているので、信頼できます。初回の相談は無料ですので、まずは迷わずに電話して!


住所:東京都新宿区新宿1-9-2 ナリコマHD新宿ビル(旧名:日南貿易ビル)6階


ナリコマHD新宿ビル6階です 東京メトロ丸の内線 新宿御苑前駅(2番出口)より、徒歩1分        ↓クリックすると、地図が拡大します↓

 

カード会社への借金、なんとかチャラにすることはできるのでしょうか。

 

借金を消滅させるには、時効の援用という方法があります。

 

援用とは、貸した側に、借りた側が、時効の利益を受けるという通知をすることにになるそうです。

 

(時効援用通知書というものを郵送します。)

 

「いろいろと試行錯誤した結果、借りた借金を真っ白にしたい」
「jiccやcicにあるデータをなくしたい」

 

というならば、時効の援用はその手段のひとつになりえますが、
ホントに時効の援用をするならば、

 

裁判を起されたかどうか・・任意整理をしているかどうか・・借金の返済金額はどれくらいか、

 

などいろいろなケースによって対応は違ってくることになります。

 

ポイントは、一定期間が経過しているかどうか

 

ネットでいろいろ調べて弁護士に電話相談してみても、回答はさまざまだと思います。

 

そもそも借金には、5年か10年という消滅時効期間というのがあります。
この場合は、借りた側か、貸した側が、商人であるかどうかで、
期間が違ってくるようです。

 

(詳しくは弁護士の知識、法律の知識のサポートが必要です。)

 

最後の支払いをしてから5年、10年が経過しているならば、一定期間が経過しています。

 

そういう状態なら、おそらく時効の援用は可能である可能性が高いです。

 

相手から訴訟があった場合は、時効の援用はできない?

 

弁護士が次に考えるのは、時効の中断です。たとえ、最後の支払いから5年、10年経過していたとしても、
貸した側が、すこし前に時効の中断をしているのならば、すこしややこしい話しになってきます。

 

弁護士は、時効の中断がされているかどうか、、を確かめる質問があるハズです。

 

「裁判所の勧告とか、請求書とか、きていますか?きていないなら、そのままにしておけば?」

 

以上の場合は、、貸し手から時効の中断を起されていますか。訴訟が起されていないならば、なにもする必要はないけど?
という意味です。

 

また、

 

「裁判の通知とか、きていないですよね、、だったら、時効の援用もできるかもしれませんので、一度、弁護士事務所に来てください。」

 

以上の場合は、貸し手から時効の中断などの訴訟をおこされていないですよね。
もし最後の返済から5年、10年たって消滅時効期間が経過しているならば、時効の援用もできる可能性があるので、
一度、弁護士事務所で詳しいお話を聞かせてください。

 

というふうに解釈できます。

 

専門家に相談せずに、時効の援用に失敗した・・ということも過去にあるようなので、
弁護士や司法書士などに依頼するメリットは大きくにあります。

 

 

クレジットカードの滞納もチャラにできる、、という安易な考えをすてて、
社会人として再生したい、というあなたの考えに共感してくれる弁護士にめぐり合えるとよいですね。

ホーム RSS購読 サイトマップ